このブログでちょくちょくでてくるGAREですが、セカンダリディメンションが先日アップデートされた際、使えない状態になっていましたが、8/9にこちらもアップデートされて再度使えるようになりました。
最新バージョンのGAREnhancer.user.jsをダウンロードして、グリースモンキーへ読み込ませて有効にすればOKです。

アップデートされたGAREnhancer

はじめての人はこちらの記事をどうぞ。
標準の「セカンダリディメンション」にはない項目で深堀したい

これだけでは、つまらないので…。
「ページURLとページタイトルの組み合わせ」もGAREで閲覧できるようにしました。ユーザスクリプトにほんの少し手を入れて。
で、出来たのがこんな感じ。

「ページタイトル」をセカンダリディメンションへ追加してみた

これならソース×ページタイトル↓とか、

ソース×ページタイトルで分析できる

キーワード×ページタイトル↓なんかも、ひょひょいとできて面白いかと。

キーワード×ページタイトル

肝心のスクリプトの追記方法です。
(1)Firefoxの「ツール」メニューから、「GreaseMonkey」>「ユーザースクリプトの管理」を選択します。
(2)リストが左側に表示されるのでそこから「GAREnhancer」を選択。リスト外の下にある「編集」をクリック。
(3)GAREnhancer.user.jsのスクリプトが表示されるので、function doSegment()を探す。

[php]newScript.addAfter("request_uri_1", ["request_uri_2","request_uri_last"]);[/php]

↑このスクリプトを、request_uri_lastの後にpage_titleを追加して下のようにする。

[php]newScript.addAfter("request_uri_1", ["request_uri_2","request_uri_last","page_title"]);[/php]

(4)修正が終ったら保存して、Greasemonkeyのメニューも閉じる

これで設定完了です。
再度Google Analyticsを開くなりしてセカンダリディメンションを開いてみてください。