グーグルアナリティクスは指標やディメンションの定義、計算根拠がはっきり明かされていない(というか説明が不十分)なものがあります。そのため、「あれ、なんかこの数字おかしい…」といった事態に陥ること、ありますよね。

例えばこんなのはいかがでしょう。

セッション数がユニークユーザー数よりも少ないのはなぜ?

セッション数(訪問数)> ユニークユーザー数
であるはずだ、と思っていませんか?
でも、Google Analyticsは、
セッション数(訪問数)< ユニークユーザー数
なデータも表示している…。

なぜでしょうか?

セッション数とページ別セッション数の関係

Web Analytics TV #5で説明されていますが、

グーグルアナリティクスでは、
最初にアクセスしたページに,セッション数(Number of Visits)を紐づける仕組みになっている。

つまり。
仮にAさんが、
page01.html→page02.html→page03.htmlと見ていってサイトを離れた場合、

セッション数にカウントされるのは、最初のpage01.htmlだけ、ということ。

だから、
カスタムレポートで指標に「セッション数」、ディメンションに「ページ」を選んで表示させると、セッション数が1となるのは、page01.htmlだけ、となります。先ほどの図でセッション数のほうがユニークユーザー数よりも少なかったのはこのため

「いやいや、Aさんがみたのはpage01.htmlと、page02.htmlとpage03.htmlなんだから、それぞれにセッション数1を加えてくれよ」
とお思いの方も多いはず。
そこで登場するのが、「ページ別セッション数」。

これならAさんが、
page01.html→page02.html→page03.htmlと見ていってサイトを離れた場合、
ページ別セッション数はそれぞれ1となります。
ページ単位で訪問数を数えたのが「ページ別セッション数」です。

セッション数と閲覧開始数の関係

最初のページにだけセッション数を紐づける(さっきの例だとpage01.htmlですね)ということは、閲覧開始したページにセッション数をカウントするということ。
そう、これつまり「閲覧開始数」指標ですね。

試しにカスタムレポートで「セッション数」と「閲覧開始数」指標をいろんなディメンションで切ってみてください。
基本同じ数字が出てくるはずです。例えばこんなふうに。

閲覧開始数とセッション数が同じ(都市ディメンションでみたときの例)

閲覧開始数とセッション数が同じ(ソースディメンションでみたときの例)

まとめ

  1. 「セッション数」を「コンテンツ」カテゴリにあるディメンション(ページタイトルやページ等)で表示させると、セッション数 < ユニークユーザー数といった意図しない数字が表示されることがある。
  2. 「コンテンツ」カテゴリディメンションでは、「ページ別セッション数」を使うと良い。

(実際標準セットされているツールのコンテンツレポートでは「セッション数」は表示されず、すべて「ページ別セッション数」になっていますね)