アクセス解析の面白いところは、
?目で見えないものを測る
?見えるようにする
ことだったりしませんか?

それなら、ユーザーの「コピペ」回数が計測できるこの「tynt」、ニッチですが、面白いです。今見ているこのページの適当な文章をコピーして、それを新規メールなり、テキストエディタにペーストしてみてください。

するとこんな感じでペーストしたところに引用元のURLが表示されます。

Read more: http://susumukatachi.jp/archives/1767#ixzz0wyg9WNfL
より引用

URLの最後にtyntが生成したユニークなIDが付与されるので、どのページの「コピー」がクリックされたのかtyntの管理画面を見れば分かるという仕組み。

コピーされた回数がわかるんですね

…これ、ユーザーの「シェアしたい度」を表す指標(aka ユーザーエンゲージメント)として見たらいいのかも。

要は

コピーされた回数
記事をコピペして誰かとクローズドにシェアしてくれそうだ
(あの人にこれ、教えて上げよう)

はてブ数
はてなブックマークでオープンにシェアしてくれた
(自分+このことに興味のある人たちにも教えてあげよう)

Tweetされた数
Twittterでその人のコミュニティでオープンにシェアしてくれた
(自分の知っている人みんなに教えてあげよう)

といった順でだんだん「シェアしたい度」が上がってくる、といった具合ですかね。
これら3つをGoogle Analyticsとかけあわせて分析すると、深堀できそうです。